小動物臨床 目次 2001年1月 第20巻第1号(通巻112号)

Japanese Journal of Small Animal Practice





2001年1月号
NO.112


〇ホームページをごらんの皆様と弊社にとりまして輝かしい21世紀となりますよう祈っております。

○ 原著は「犬の血漿アミラーゼ活性におよぼす一側性腎摘出の影響」についてです。

○ 臨床ノートは前号「臨床に必要な犬猫の糞便検査」の2回目として"寄生虫卵検査:特に集卵法の考察 1.直接塗抹法 2.集卵法 3.培養法"を掲載しています。

○ シリーズ「基礎から始める心エコー図診断法」は今号から"計測法 1.断面像の計測を行う前の本概念"に入りました。

○ 「シリーズ 加齢」は"5.イヌの老化と脊椎脊髄疾患"。高齢化に伴い増加する傾向にある 椎間板ヘルニア、変形性脊椎症、椎間板脊椎症、脊髄腫瘍、脊椎腫瘍の発生状況、診断、治療について述べられている

  原 著    
  犬の血漿アミラーゼ活性におよぼす−側性腎摘出の影響 草地 恒太
   
シリーズ 加齢  
  犬の老化を考える 田賀 淳夫
  5.犬の老化と脊椎脊髄疾患 田浦 保穂
   
連載8 私のカルテから  
  肝細胞癌も高分化型なら大丈夫…? 小川 高
   
連載7 問題行動を考える  
  犬の行動学 仔犬の問題行動 (2)排泄 水越 美奈
   
臨床ノート 臨床に必要な犬猫の糞便検査  
  .寄生虫卵検査:特に集卵法の考察 木原 滋陽
   
連載96 小動物のX線読影トレーニング  
  8.X線造影検査法:その読み方と考え方 菅沼 常徳
   p.子宮造影法  
   
連載38 基礎から始める心エコー図診断法  
  計測法 1.断面像の計測を行う前の基本概念 上原 勇作
   
連載77 臨床家のための犬と猫の病理解剖組織学  
  10.生殖器 乳腺(3) 後藤 直彰
     
連載68 誌上剖検 ・外科病理シリーズ  
  猫の巨大結腸症 宇根 有美
   
連載15 小動物臨床家のための運動生理学  
ジョギング その1  
  ジョギング(駆け足)とは、ジョギングを始める前に、運動不足の医学 藤原 弘
   
海外文献抄訳  
  新しい創外固定法:キルシュナー・エーマー装置に替わる最新の固定装置 訳:佐々木 ルリ
   
★コラム・水の知識★ 水危機21世紀さらに深刻 岩清水 元
  ●海外最新雑誌記事紹介 編集室  
  ●Intelligence Clip Board 編集室  
  ●学会, 研究会, 講演会案内 編集室  
  ●編集室から, 奥付, 広告案内  
     


[BACK][NEXT]
[TOP] [新着]] [小動物臨床] [書籍] [お問い合わせ][ご注文]