小動物臨床 目次 2006年 7月号 第25巻 第4号(通 巻145号)

Japanese Journal of Small Animal Practice
 



2006年 7月号
NO.145

○ Special excerpt edition from Veterinary Parasitology.からの翻訳新シリーズが佐伯英治先生により始まります。今号は1.イヌとネコにおける節足動物の感染(症)について。また同先生には「我が国のイヌとネコにおけるジアルジア感染状況」についても執筆いただきました。
○ 上原勇作先生の「超音波ドプラ法」は僧帽弁閉鎖不全:重症度評価の問題点(1)。弊誌「加齢」シリーズで取り上げた内容をこのシリーズに再度掲載のため文章や図がバージョンアップされている。
○ 鈴木哲也先生の爬虫類の臨床は、「トカゲ」の3。フトアゴヒゲトカゲとヒョウモントカゲモドキ。誌面の関係で今回と次号で掲載させていただきます。
○ 網本昭輝先生による私の歯科診療の10回目は、埋伏歯。放置することで様々な障害が見られることがある埋伏歯。症例によっては早期に処置する必要があると考えられている。
○ 菅沼常徳先生の「小動物のX線読影トレーニング」はu.骨折と骨化中心(その3)です。
○ つつじが終わり、皐月、花菖蒲の名所が紹介されてきました。相変わらずの天候の激変、お体お気をつけ下さい。(俊)  
   
原著    
  東京都及びその近郊に飼育されている犬における犬糸状虫成虫寄生の発生状況とミルベマイシン オキシムの成虫寄生予防効果−2001年〜2005年の試験成績 深瀬 徹 
       
新シリーズ  
  Special excerpt edition from Veterinary Parasitology
1.イヌとネコにおける節足動物の感染(症)
佐伯 英治
       
シリーズ(9) 私の歯科診療  
  小動物の口腔内疾患−その診断と治療
埋伏歯の診断と治療
網本 昭輝
   
シリーズ(10)  
  爬虫類の診療
トカゲの臨床 その3−1 フトアゴヒゲトカゲ
鈴木 哲也
       
連載41 私のカルテから  
  CCNU治療を行った慢性リンパ球性白血病と思われる猫の1例 小川 高、ら
   
連載(63)基礎から始める心エコー図診断法     
  超音波ドプラ法 僧帽弁閉鎖不全:
重症度評価の問題点(1)
上原 勇作
       
連載110 臨床家のための犬と猫の病理解剖組織学  
  11.皮膚疾患(16)線維腫 後藤 直彰
       
連載101 誌上剖検・外科病理シリーズ  
  モルモットの頸部腫瘍 宇根有美、ら
       
連載119 小動物のX線読影トレーニング  
  9.誤診しやすいX線症例 その読み方と考え方
u.骨折と骨化中心(その3)
菅沼 常徳
       
我が国のイヌとネコにおけるジアルジア感染状況
佐伯 英治
     
海外文献抄訳   
  顔面と頭部の腫瘍−外科的治療の選択肢 訳:佐々木ルリ
   
★コラム・水の豆知識★  
  体内に水分がたまるということは 岩清水 元 
       
   
●学会,研究会, 講演会案内 編集室  
●編集室から, 奥付,広告案内  
       
       




[BACK][NEXT]

[TOP] [新着] [書籍] [お問い合わせ] [ご注文]