小動物臨床 目次 2007年 9月号 第26巻 第5号(通 巻152号)

Japanese Journal of Small Animal Practice
 



2007年 9月号
NO.152

○原著「高齢犬の痴呆症状に対するアラキドン酸(ARA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)含有サプリメントの改善効果」 をサントリー(株)の紺谷昌仙先生、らから、さらに原著「協和アガリスク茸とサメ軟骨混合粉末食品の担癌犬および胆癌猫への臨床応用について(第5報)〜協和アガリスク茸+サメ軟骨混合粉末食品(配合率1:2) の使用例について〜」が日本獣医生命科学大学の藤田道郎先生、らから寄せられました。
○私の術式「KaswanのStanley変法を適用した犬・猫の“第III眼瞼腺”突出症(“チェリーアイ”)の還納法について」を熊谷小動物臨床研究会の熊谷丑二先生、らから投稿いただきました。
○K’s Pet Clinic 山崎貫太先生の新シリーズ「小鳥の臨床」は第2回、診療の流れ(問診、視診、触診、体重の計測方法、等)です。
○猛暑のさなか、エアコンのコンプレッサー不調で冷房ストップ。これって温暖化防止への貢献??。(俊) 

速報
 弊誌好評シリーズ「基礎から始める心エコー図診断法」を一冊の本に纏めました。「小動物臨床のための基礎から始める心エコー図診断法」として発刊しています。臨床家が実際の臨床の現場から執筆したものとして、解りやすいと評判です。
   
原著    
  協和アガリクス茸とサメ軟骨混合粉末食品の担癌犬および担癌猫への臨床応用について(第5報)
〜協和アガリクス茸+サメ軟骨混合粉末食品(配合率1:2)の使用例について〜 
藤田 道郎、ら
        
原著  
  高齢犬の痴呆症状に対するアラキドン酸(ARA)及びドコサヘキサエン酸(DHA)含有サプリメントの改善効果 紺谷 昌仙、ら
       
私の術式   
  KaswanのStanley変法を適用した犬・猫の”第III眼瞼腺”突出症(“チェリーアイ”)の還納法について 熊谷 丑二、ら
       
シリーズ(17) 私の歯科診療  
  小動物の口腔内疾患−その診断と治療
猫の歯肉口内炎の治療
網本 昭輝
       
連載(48) 私のカルテから
  犬のヘリコバクター胃疾患 小川 高
三島 浩享
 
      
新連載(2) 小鳥の臨床  
  診療の流れ(問診、視診、触診、体重の計測方法、等) 山崎 貫太
   
海外文献抄訳     
  短頭種の鼻孔狭窄症の外科的治療方法 訳:佐々木ルリ
           
連載107 誌上剖検・外科病理シリーズ  
  犬の直腸癌 藤原 あずさ
宇根 有美
       
連載7 人と動物の関係論  
  獣医師編(7) 宮田 勝重
           
★コラム・水の豆知識★  
  肌にやさしい天然湧水がどこかにある筈 岩清水 元 
       
●Intelligence Clip Board  編集室 
 
●学会,研究会, 講演会案内 編集室  
●編集室から, 奥付,広告案内  
         



[BACK] [NEXT]

[TOP] [新着] [書籍] [お問い合わせ] [ご注文]