小動物臨床 目次 2008年 5月号 第27巻 第3号(通 巻156号)

Japanese Journal of Small Animal Practice
 



2008年 5月号
NO.156

○原著「ヨウ化銀製剤のマラセチア性外耳炎に対する臨床効果」を大阪府堺市開業の中津 賞先生、らが投稿くださいました。
○岡田邦彦先生(獣医再生医療研究会事務局 名古屋大学・医学部・細胞治療学講座)によります「再生医療(細胞治療)技術の一般臨床での応用について−獣医療における再生医療の潮流と可能性」2回目です。
○静岡県島田市開業の小川 高先生による私のカルテからは、ダイナミックCTで左右腎別々の機能を推測してみたものです。
○私の術式は、本誌No.154に熊谷小動物臨床研究会の熊谷丑二先生、らが発表された浅殿筋膜転移術の再発例に対するもの。症例の採取場所や身体の運動機能に対する影響などを考慮した新しい術式「犬の会陰ヘルニア再発例に対する新しい胸腰筋膜移植術の1例」。
○こんな所にもあんな所にも、と桜は咲くとその存在が際立ってきます。普段目立たない人も花が開けばいいですね。  (俊)
   
総説    
  再生医療(細胞治療)技術の一般臨床での応用について
〜獣医療における再生医療の潮流と可能性−その2〜
岡田 邦彦
   
原著  
  ヨウ化銀製剤のマラセチア性外耳炎に対する臨床効果 中津 賞、ら
        
私の術式  
  犬の会陰ヘルニア再発例に対する
新しい胸腰筋膜移植術の1例
熊谷 丑二、ら
       
シリーズ(21)私の歯科診療  
  小動物の口腔内疾患−その診断と治療
ウサギの不正咬合の診断と治療 その1
網本 昭輝
       
連載(52)私のカルテから  
  ダイナミックCTで左右腎別々の機能推測が可能です・・・片腎摘出は必要だが、クレアチニンがやや高い症例にお勧めです 小川 高
三島 浩享
新家 俊樹
       
連載126 小動物のX線読影トレーニング
  10.横隔膜周囲の異常陰影 その読み方と考え方
b.シルエットサイン
菅沼 常徳
 
      
連載(6) エキゾチックアニマルシリーズ(3)  
  エキゾチックアニマルの診療
スローロリス−その3 症例−2
山崎 貫太
   
海外文献抄訳  
  外陰部形成術(外陰部皺壁切除術) 訳:佐々木ルリ
           
連載111 誌上剖検・外科病理シリーズ  
  犬の子宮内膜嚢胞性過形成 河村 知世
宇根 有美
       
連載10 人と動物の関係論  
  獣医師編(10) 宮田 勝重
     
★コラム・水の豆知識★  
  水は語る「魂をうつしだす結晶の真実」を読んで 岩清水 元 
       
●Intelligence Clip Board  編集室 
 
●学会,研究会, 講演会案内 編集室  
●投稿規程 編集室
●編集室から, 奥付,広告案内  
         




[BACK] [NEXT]

[TOP] [新着] [書籍] [お問い合わせ] [ご注文]