小動物臨床 目次 2009年 11月号 第28巻 第6号(通 巻165号)

Japanese Journal of Small Animal Practice
 



2009年 11月号
NO.165
○原著「ヨウ化銀を用いた犬の外耳道炎に対する治療効果の検討」を札幌市・高橋動物病院の岡野仁彦先生、らが執筆くださいました。
○佐伯英治先生監訳によるCVBDシリーズも今回の「オーストラリア・ニュージーランドおよびその諸島における犬のベクター媒介性疾患」で終わりました。また同先生による「Topics 消毒と消毒薬の基礎と実践応用例 T.消毒と消毒薬を使いこなす(2)II.ペット動物関連施設における空間立体消毒法に関する検討」もインフルエンザ流行の時節柄、ご精読ください
○症例報告「低用量のプレドニゾロン投与により症状の改善が認められた皮脂腺炎の一例」を麻布大学の小島千恵子先生、らが投稿くださいました。
○前回お休みをいただいた明治薬科大学 深瀬 徹先生の「獣医師のための漢方薬の基礎知識」は(4)五苓散とその構成生薬です。
○遅い台風の影響で見頃のコスモスやひまわりが倒され、こちらの復旧も大ピッチ。紅葉前線北上中。冬も間近。 (俊)


原稿募集のお知らせ
・『小動物臨床』編集室では、読者の先生方からの投稿を歓迎いたします。
・ジャンルは問いませんが、臨床に即したものならなんでも結構です。
・原稿執筆の詳しいことはこのホームページでお問い合わせ下さい。
   
原著    
  ヨウ化銀を用いた犬の外耳道炎に対する治療効果の検討  岡野仁彦、ら
   
シリ|ズ  やさしい臨床皮膚科学(6)    
  4.痒みの強い皮膚炎 
  その3.脂漏症と行動異常
門屋 美知代
   
CVBD(Canine Vecter-Borne Disease)  
  6.オーストラリア・ニュージーランドおよび
  その諸島における犬のベクター媒介性疾患
Peter J.Irwin
監訳:佐伯英治
     
獣医師のための漢方薬の基礎知識(4) 深瀬 徹
  (4)五苓散とその構成生薬 齋藤有香理
         
海外文献抄訳  
  骨盤骨切り術 訳:佐々木ルリ
     
TOPICS 消毒と消毒薬の基礎と実践応用例  
  I.消毒と消毒薬を使いこなす(2)  
  II.ペット動物関連施設における空間立体消毒法に関する検討 佐伯 英治
   
連載61 私のカルテから  
  頸椎(C1−C2)の線維肉腫ですが・・・
やはり再発性でしょうか・・・?
 
  小川 高、ら
   
連載(6) エキゾチックアニマルシリーズ(4)  
  えきぞちっくな研修日誌
-エキゾチックアニマル診療誌上研修-
第6回 超音波検査
小沼 守
   
連載120 誌上剖検・外科病理シリーズ  吉村 遥子
  サルの胃拡張 宇根 有美
   
症例報告 
  低用量のプレドニゾロン投与により症状の
改善が認められた皮脂腺炎の一例
小島千恵子、ら
       
★コラム・水の豆知識★  
岩清水 元 
  「水供給不十分 世界で10億人」の記事に思う
       
●Industry Brief Note 業界短信 編集室
●Intelligence Clip Board 製品紹介 編集室
●学会,研究会, 講演会案内 編集室
 
●投稿規定 編集室  
●編集室から, 奥付,広告案内
 
         




[BACK] [NEXT]

[TOP] [新着] [書籍] [お問い合わせ] [ご注文]