小動物臨床 目次 2013年 7月号 第32巻 第4号(通 巻187号)

Japanese Journal of Small Animal Practice
 



2013年7月号
NO.187
●原著「犬に対するモキシデクチンを有効成分とするチュアブル製剤(モキシハートタブKS)の安全性」を林屋生命科学研究所の深瀬 徹先生が寄せて下さいました。
●日本獣医生命科学大学獣医内科学教室水谷 尚先生の高脂血症治療 基礎から応用まで,は治療法の基礎 その3 薬物療法編(3) その他の薬剤」。今回は使用頻度は少ないものの,人の分野では一般的に用いられている薬剤について紹介されると共に新しく開発が進められている高脂血症治療薬の情報も合わせて紹介されていく。
●中村有加里先生,ら(林屋動物診療室本院・皮膚病センター)による外部寄生虫症診療ノートは「犬の疥癬」。犬に寄生している穿孔ヒゼンダニは容易には人に感染しない。しかし疥癬に一時的に寄生して掻痒などを起こす事がある。疥癬に罹患した犬については,すみやかに穿孔ヒゼンダニを駆除してその犬との接触に十分注意すべきである,とされている。
●大相模動物クリニックの小野貞治先生によります「エキゾチックアニマルシリーズ ハムスターに見られる疾患3 眼科疾患」。その中で比較的よく遭遇する疾患を中心に解説されていく。
●「症例から見た循環器疾患」はPCの不調によりやむなく休載とさせていただきました。ご了承ください。
●梅雨入りしたと思ったら連日の晴れ。水不足を危惧しだしたら早くも台風の到来。水不足がどこまで解消されるか気になるところ。精気が無かった紫陽花も心なしか鮮やか。(俊)

東北関東大震災動物救護活動等支援義援金の募集

社団法人 宮城県獣医師会
社団法人 日本獣医師会(pdf)
東日本大震災復興を応援する獣医師の会
   
原著    
  犬に対するモキシデクチンを有効成分とする
チュアブル製剤(モキシハートタブKS)の安全性
深瀬 徹
     
シリ|ズ  悩ましい内分泌疾患    
  第18回 偽筋緊張症(pseudomyotonia)を伴う
クッシング症候群の犬
松木 直章
   
高脂血症治療 基礎から応用まで  
  第8回 治療法の基礎 その4
       薬物療法編(3) その他の薬剤
水谷 尚
   
犬猫の歯科・口腔外科疾患  
  第19回 二次口蓋裂の治療法 渡邊 一弘
     
症例から解説する犬猫の神経および整形外科疾患 上野 博史
  第16回 猫の腰仙部椎間板疾患
   
     
外部寄生虫症診療ノート 中村 有加里
深瀬 徹
  犬の疥癬
   
連載83 私のカルテから 小川  高,ら
  線維肉腫に対してはひたすら外科です…
   
連載142 誌上剖検 ・外科病理シリーズ 宇根 有美
  モルモットの卵胞嚢腫
     
連載18 エキゾチックアニマルシリーズ(6) 小野 貞治
  ハムスターの診療を始めるにあたって
第6回 ハムスターに見られる疾患3-眼科疾患-
   
★コラム・水の豆知識★ 岩清水 元 
  体に役立つ水の飲み方
       
●Intelligence Clip Board 製品紹介 編集室  
●学会,研究会, 講演会案内 編集室
●編集室から, 奥付,広告案内  
         
新シリーズの紹介

2010年7月号(No.169)から斯界の研究者によります次の様な新シリーズが始まっています。
  • 「悩ましい内分泌疾患」松木直章先生(東京大学獣医臨床病理学研究室)
  • 「犬猫の歯科・口腔外科疾患」渡邊一弘先生(岐阜大学応用生物科学部獣医外科学教室)
  • 「症例から解説する犬猫の神経疾患および整形外科疾患」上野博史先生(酪農学園大学伴侶動物外科学T)
  • 「症例から見た循環器疾患」小山秀一先生監修(日本獣医生命科学大学獣医内科学教室)
5月号(No.180)からは、
  • 「高脂血症」水谷 尚先生(日本獣医生命科学大学獣医内科学)
の新シリーズも開始しました。

これらはいずれも症例を取り上げて解説されます。
 




[BACK][NEXT]


[TOP] [新着] [書籍] [お問い合わせ] [ご注文]