小動物臨床 目次 2013年 11月号 第32巻 第6号(通 巻189号)

Japanese Journal of Small Animal Practice
 



2013年11月号
NO.189
●原著「動物病院における犬に対する非治療目的のシャンプーおよびその関連処置の有用性における若干の考察」が林屋生命科学研究所の中村有加里先生,らから寄せられました。
●臨床ノートは2編。「瘙痒性皮膚疾患におけるダーマクト®の有効性評価《ステロイド減量は可能か?》」を平成動物病院の平島康博先生,らが,「IgE検査再考─なぜ今,アレルギーのための検査が必要か?」をスペクトラム ラボ ジャパン(株)の荒井延明先生がそれぞれ執筆くださいました。
●どうぶつの総合病院の菅沼常徳先生のシリーズ 小動物のX線読影トレーニング は今月号から 13. X線読影の原点に戻る a. 発育期における骨化中心,骨縫合線,種子骨 が始まりました。
●「悩ましい内分泌疾患」「高脂血症 基礎から応用まで」「症例から見た循環器疾患」はお休みさせていただきます。
●先月号のこの欄で暑い暑いと嘆いていた小生。早くも朝晩の涼しさを通り越した寒さに震えている有様。気候or歳のせい?? Lは頭を替えて出直します。(俊)

東北関東大震災動物救護活動等支援義援金の募集

社団法人 宮城県獣医師会
社団法人 日本獣医師会(pdf)
東日本大震災復興を応援する獣医師の会
   
原著    
  動物病院における犬に対する非治療目的のシャンプーおよびその関連処置の有用性に関する若干の考察 中村有加里,ら
     
シリ|ズ  犬猫の歯科・口腔外科疾患    
  連載21 犬歯を温存した歯原性角化嚢胞の摘出 渡邊 一弘
     
症例から解説する犬猫の神経および整形外科疾患 上野 博史
  第18回 神経学的検査からどこに病変があるか考えてみましょう(1)
     
内部寄生虫症診療ノート 深瀬 徹
中村 有加里
 
  犬糸状虫症予防薬の現在
     
臨床ノート  
  瘙痒性皮膚疾患におけるダーマクト®の有効性評価 ≪ステロイド減量は可能か?≫ 平島 康博,ら
  IgE検査再考
─なぜ今,アレルギーのための検査が必要か─
荒井 延明
     
連載146 小動物のX線読影トレーニング  
  13.X線読影の原点に戻る
 
    a. 発育期における骨化中心,骨縫合線,種子骨 菅沼 常徳
   
連載85 私のカルテから 小川  高,ら
  体幹部を中心に広範囲に脱毛のあるダックスですが,痒みが気になります…
   
連載144 誌上剖検 ・外科病理シリーズ 宇根 有美
  ツノガエルの胆石症
     
連載21 エキゾチックアニマルシリーズ(6) 小野 貞治
  ハムスターの診療を始めるにあたって
第8回 ハムスターに見られる疾患5-泌尿器・生殖器疾患-
   
★コラム・水の豆知識★ 岩清水 元 
  人体内の水分バランスについて
       
   
●学会,研究会, 講演会案内 編集室
●編集室から, 奥付,広告案内  
         
新シリーズの紹介

2010年7月号(No.169)から斯界の研究者によります次の様な新シリーズが始まっています。
  • 「悩ましい内分泌疾患」松木直章先生(東京大学獣医臨床病理学研究室)
  • 「犬猫の歯科・口腔外科疾患」渡邊一弘先生(岐阜大学応用生物科学部獣医外科学教室)
  • 「症例から解説する犬猫の神経疾患および整形外科疾患」上野博史先生(酪農学園大学伴侶動物外科学T)
  • 「症例から見た循環器疾患」小山秀一先生監修(日本獣医生命科学大学獣医内科学教室)
5月号(No.180)からは、
  • 「高脂血症」水谷 尚先生(日本獣医生命科学大学獣医内科学)
の新シリーズも開始しました。

これらはいずれも症例を取り上げて解説されます。
 




[BACK][NEXT}


[TOP] [新着] [書籍] [お問い合わせ] [ご注文]